1月のサイクルウェアスタイリング

2018年初RIDEは多摩川でサクッと2時間

この日は快晴ながらも走っていた午前中は7〜8度ほどの気温でなかなかの寒い日。

今回はこんな日のライドにチョイスしたウェアをご紹介

【TOPS】

インナー:ヒートテックセンサーロングスリーブ

ジャージ:オルタナジャージ

ジャケット:ウィンドブレークジャケット

 

【PANTS】

ビブタイツ:ウィンドブレークビブタイツ

※このパンツかなりおすすめ!保温効果はもちろんですが、チャックが下からも開けられるので、ビブタイプの課題であるトイレ問題もまったくのストレスフリー!肩の紐を外さずにそのままできます。

 

【OTHERS】

グローブ:ウィンドブレークサーモグローブ

ソックス:ヒートテックセンサー ウィンターソックス

シューズカバー:ウィンドブレークプリントシューズカバー

ネックウォーマー:Buff

 

 PearlIzumiの各ウェアやアイテムは気温でチョイスできるようになっているのでわかりやすい。

この日は5度対応メインに0度や15度のアイテムを組み合わせましたが、結果少し暑いくらい。

この調子だとさらに冷え込んでくる2月も問題なさそう。

最近はこの日のようにオールブラックなど色を少なめに抑えて、小物の差し色(この日は蛍光イエロー)でアクセントをつけるのがお気に入り。

サイクルウェアも機能面だけでなく、コーディネートも楽しみながらチョイスしていきたいですね。

TEAM EAU ROUGEでもてぎエンデューロ参戦!

先日は、自転車レースや合宿で一緒に走らせていただいている、プロトライアスリート 山本良介選手をプレイングマネージャーに迎えて結成された、アドベンチャー企業オールージュのロードバイクチーム「TEAM EAU ROUGE」で、もてぎエンデューロ(7時間)に参戦。

 

チームウェア作製を担当したPearl IzumiサイトでのTEAM EAU ROGEの記事はこちら

motegi_ - 4

5月にも参戦してこれで自身では2回目の自転車レース

サーキットの周回をハイスピード&集団で走行するので、ぐっと緊張感が高まり、走力とともに技術も要するいつもとは全く勝手の違うレースです。

 

今回も生粋の強者サイクリストたちと一緒に走らせていただき、自分の力不足を痛感しながらも、メンバーとともに必死になって周回を重ねるこのレースはとても刺激的だった。

motegi_ - 1

motegi_ - 2

motegi_ - 3

プロトライアスリート山本良介選手をはじめ、チーム内の健脚アスリートチームで構成されたAチーム、そして自分も一緒に走った男女混合Bチームともに惜しくも表彰台を逃す悔しい結果となったが、それぞれチームメンバーのレベルアップを感じられたレースとなった。

 

こうやっていつもとは違うメンバーで、緊張感の中走るのはいい経験になるし、生粋のサイクリストの走りを間近で見れるのもいい勉強になる。

来年はもう少し、自転車レースでもいい走りができるように準備したいと思っています。

 

毎回、このような素晴らしい機会を作ってくださるTEAM EAU ROUGEに心から感謝。

来シーズンもよろしくお願いいたします!

 

Team PIトライアスロン合宿in館山

11月18-19日は、1泊2日でPearl IzumiのトライアスロンコミュニティTeam PIで合宿!

 

場所はおなじみの館山。

 

合宿初日の土曜日は天候が良くなかったため、当初の予定を変更して午後から集合してスイムのみのスケジュールに変更

IMG_4060

 

スイム担当コーチはマーマンキングこと前田康輔

(前田康輔コーチのPearl Izumiウェブサイトのコラムはこちら

 

丁寧にじっくりとフォーム改善に有効なドリルを組み込んでくれたおかげで、普段は疲労感を感じない部位に疲労感があり、使えていなかった部位が使えてきた感覚

久しぶりにスイムをしっかりと指導してもらったのでとても良い機会だった。

 

2日目はバイク70kmライド

IMG_4075

IMG_4096

 

少し風が強く、寒さを感じる日だったが天気は快晴!

みんなでPeal Izumiの秋冬最新モデルを着用し、館山の気持ちのいいコースをファンライド。

やっぱり、たまにはこんな信号、排気ガス、混雑からは無縁の開放的なコースで走るのがいい。

 

バイク後は60分のランニングへ

IMG_4098

 

みんなで館山城まで駆け上がり、館山の街を見下ろせるビューポイントで記念撮影!

 

今の時期はトライアスロンのシーズンとしてはオフの時期なので、ダラダラ過ごしがちだが、こうやってみんなで集まってトレーニングをするとすごくモチベーションが上がる。

 

トライアスロンは個人競技だが、仲間と一緒に切磋琢磨する効果はとても大きい。

 

そろそろ来シーズンに向けてトレーニングを積んでいかなくてはならないタイミングで非常に良い合宿となった。

 

Team PIではトレーニングのリーダーを務めているが、自分自身もこのオフも、そして来シーズンもこのTeam PIメンバーの力を借りながら、レベルアップしていきたい。

1 / 68123...102030...最後 »