自分のスポーツライフの本質は”走っていて気持ちがいいか?”

3月末と4月に、自分の大好きな地域である館山で、Pearl Izumiのサイクリングコミュニティ「PICC」のライドイベントを2回実施しました。(コース下見も入れるとここ3週間で3回も走りました 笑)

館山は、海を眺めながら信号のストレスなく快適に走りることができる道が延々と続き、内陸を走ると、のどかな田園風景もあったりで、自分自身含め、普段都内を走っているサイクリストやトライアスリートにとっては最高のコース。

こんな感じで自然とリラックスして笑顔になれます。

そして、こちらは最近細々とやっているマウンテンバイク。

ここは近所の里山になりますが、木々に囲まれた中を走るのは非日常でスリリング。

そして、早朝の朝陽が差し込むひらけた場所に出たときの気持ちよさは最高です。

ロードバイク、マウンテンバイク、種目は違えど、最近あらためて気づいた自分の気分が高揚するポイントは“自分の好きなコース、気持ちがいいと感じる道を走る”こと。

もちろんトレーニングとして、ロケーションよりも必要な負荷をかけて走る事を優先する場合もありますが、自分のサイクルライフにはコースのロケーションから得られる楽しいとか気持ちいいが欠かせないし、それがすごく琴線にふれることにあらためて気づきました。

これはランニングも同じ。

レースやトレーニングのタイムや距離の価値観でもなく、ファンライドと一言で言える価値観でもなく、“走っていて気持ちがいいか?”の価値観。

最近、自分のサイクルライフまたはスポーツライフ(トライアスロンやランも)の本質は、それをやって健康になるかとか、速くなるかとか達成感を得られるではなく、ここにあるのかなぁなんて感じています。

もちろん自分自身も達成感を感じたくてやってる部分もありますが、本質には気持ちがいいか?楽しいか?があって、そこをうまく伝えていくことで、スポーツがもっと多くの人に定着するんじゃないかなとも思っています。

ちょっと独り言的な記事になってしまいましたが、最近ぼんやり考えてることでした。

マウンテンバイクの楽しさを知る。

先日は、ご近所で多摩のトレイルを知り尽くしている遊び(ラン、バイク、アウトドア)の大先輩TAMEさん(写真左)にお願いして、早朝から近所でマウンテンバイクセッション!

自分はまともにマウンテンバイクを乗るのはこれが初めて。

単純に楽しそうなのと、けっこう海外のトライアスリートやサイクリストがオフトレーニングに取り入れてるのをSNSなどで見ていたので、実際に乗ってみてどんな感じなのか?とても楽しみにしていました。

ということで、マウンテンバイクの基礎的なレクチャーを受けてスタート!

ゆっくり走ってくれているTAMEさんですが、まったくついていけない 笑

というか、TAMEさんが難なく走り抜けている木の根っこがボコボコの急登や、階段の脇の細くてギリギリ走れそうなルートに、挑むものの、「やばい!このままいくとこける!」と、ビビってしまい、足をついてしまう。

これは体力があって、自転車に慣れていて、効率よくペダリングして…だけでは乗り越えられない難しさ。

マウンテンバイクには"自転車と身体を1つにして自由に操る能力"と”度胸(笑)"が必要とすぐに悟りました。

途中、ある程度続く木の根っこやカーブのある急登で何度か練習しましたが、あと少しのところで足をついてしまい、楽しいんだけど悔しい。

もう一回登らせてください!と3回ほどチャレンジして登り切れたときは、よっしゃ〜と大興奮。

ロードにはない攻略する楽しさを実感しました。

これはハマりますね。

下りはまだまだ遅いけれどロードにはないスリルとスピード感、それと路面への集中が余計なことを考えないマインドフルネス的な時間ですごくいい。

そして、何度も近所のトレイルは走っているけれど、改めて近所にこんなに素晴らしい遊び場があることに嬉しくなりました。

もちろんトレーニング効果もしっかり!

心肺機能、筋力への負荷もそうだけれど、バイクの取り回しや重心のかけ方とかも絶対にうまくなりますね。

ロードバイクのレベルアップにも効果的なのは間違いなし!

またトレーニング&気分転換に乗りたいなぁ。

TAMEさん、ありがとうございました!

またお願いします!

寒いような暖かいような…そんな時期に使えるサイクルウェア2点。

3月も後半に入り、だいぶ暖かい日が増えてきましたね。

先日は20℃近くまで上がった日もあって、もう確実に春だなぁと思えば、昨日は10℃以下の気温で、自分の住む八王子は小雪が舞いました。

今の時期はまだ冬の寒さの余韻が残る日もあれば、春本番の暖かさの日もあって、サイクルウェアのチョイスが難しい。

週末、尾根幹を走るサイクリストを見ていても、真冬の装いの方もいれば、夏の装いにアームウォーマーやレッグウォーマーで走っている方などまちまち。

今回はそんなまだ寒いような暖かいような季節に大西も愛用している”使えるアイテム”を2つご紹介。

まず一つ目はストレッチウィンドシェルです。

これはまさに昨日の小雪が舞う寒い日のコーディネート。

トップスはこの時期、寒暖の差があるとはいえ、基本は15℃対応のものをベースにしています。

この日は15℃対応のシンクロジャージの上にストレッチウィンドシェルを着用しました。

ストレッチウィンドシェルはいわゆる薄手のウィンドブレーカーです。

実際この日は10℃以下ですごく寒い日でしたが、ストレッチウィンドシェルにプラスしてネックウォーマーで乗り切れました。

このジャケットで風をブロックするだけで体感温度はだいぶ変わってきます。

さらに暑くなってきた時に脱いで背中のポケットに収まる大きさまで小さくなるのもいいところ。

ウェアは春仕様に切り替えちゃったけど今日は寒そう…そんな日に1着あるととても助かるアイテムです。それと夏を越えた秋口にもかなり使えますね。

もう一つはベスト!

これはそこまで寒くはないけど、朝のまだ気温が低い時間帯や、15℃対応のトップスだけでは少し心配なときに大活躍です。

体幹部のみの防風になりますが、これだけでも体感温度はだいぶ違います。もちろんこちらも暑くなればポケットにしまえます。

写真は4月発売予定のPGLシーズン3のカラーリングにあわせて作られたものです。

シンプルなデザインなのでどんなウェアにもマッチします!

今パールイズミから発売されてるベストだと、先ほど紹介したストレッチウィンドシェルのベストタイプがあります。

さらに、ベストの良いところはコーディネートすると単純にカッコいいところ 笑

ベストを加えることで機能性はもちろん、見た目もぐっと洗練された雰囲気が出ます。

こちらも一つ持っていると非常に重宝するアイテムです。

個人的にも最近ベストにハマってます。

体感温度は個人差がありますが、ウィンドシェルとベストは季節の変わり目に重宝しますのでぜひお試しあれ!

1 / 79123...最後 »