TEAM CPFUでホノルルトライアスロン!

宮古島トライアスロンが終わってからあっという間に1ヶ月が過ぎました。

 

この宮古島トライアスロン後の1ヶ月間がけっこうな怒涛具合で、

宮古島トライアスロン→TEAM CPFUホノルルトライアスロンに向けた最終合宿(館山)→ホノルルトライアスロン(ホノルル)→佐渡ロングライド210km(佐渡)と、遠方イベント仕事が続いて、ようやく落ち着いたと思ったら、もう6月1日!

 

佐渡トライアスロン(今年はAタイプ)まで後3ヶ月です。。。

でも、とても充実していて各地で泳いだり、自転車乗ったり、走ったりと幸せな日々でした。

 

ということで、ようやくですがTEAM CPFUでチャレンジしたホノルルトライアスロンのこと。

宮古島が終わって中4日、ホノルル2週間前のタイミングで開催した館山での最終合宿

トライアスロンには最高の環境、館山でスイム(海でのスイム)、バイク、ランと3種目をより実戦に使い距離と環境でトレーニングを行いました。

チームメイトとは毎週頻繁にトレーニングをしているわけではなかったので、それぞれの仕上がり具合がとても心配ではあったのですが、この最終合宿で無理やり!?仕上がったというか、ホノルルでのゴールが見えてきた感じでした(笑)

本番も近づいていたこともあり、みなさんの高いモチベーションと、1泊でしたが寝食をともにしてさらなる結束力が生まれたことで、各個人のパフォーマンスはもちろん、チーム力もグッと上がり、とてもいい合宿になりました!

 

いい流れができたところで、みんな元気にホノルル入り!

現地では大会当日までスイム、バイク、ランの各パートの調整を行いました。

なんだかんだで気持ちのいいホノルルの環境にみんなもテンション上がってリラックスムードで本番へ。

 

大会当日もホノルルらしいとてもいい天気!

自分もレースに出場し、TEAM CPFUのメンバーを応援しながら走りました。

コース上で会うと、自分が予想していたよりもみんな元気でこちらがビックリ!

みんなが心から楽しんで走っている姿がとても印象的でした。

こんなシーンを見ると、こういう仕事やってて本当によかったなぁと思うんです。

 

レース後半は疲労感や初チャレンジということもあって、苦しみながらゴールを目指したメンバーもいましたが、その中でも一番の苦しさ、悔しさを乗り越えてチームメイトの迎えるゴールに戻ってきたのは今回初チャレンジのMINAMIちゃん

得意なランニングで足が攣ってしまい、途中は歩くのも困難なくらいでしたが、気持ちの強さで持ち直し完走!

彼女の最後の走りには鳥肌が立ちました。

そしてそして、TEAM CPFU全員完走!

最高です!

このゴールの共有は本当に最高!

約半年、一緒にやってきたからこその感動、そしてこの笑顔!

この瞬間のために自分も半年間やってきました。

年齢、職業、性別、タイムなど関係なく、心の底からゴールの感動を共有するこの体験は本当に貴重です。

このTEAM CPFUのチャレンジを通して、この感動の渦にいれたことに心から感謝しています。

ありがとうございました!

TEAM CPFU、そしてトライアスロン、最高です。

さぁ、次のチャレンジはどこにしましょ?

プロトライアスリート戸原開人トークショー!

先日はPI TALK vol.1として、プロトライアスリート戸原開人選手のトークショーを開催しました。

PI TALKとはPearl Izumi主催のトークイベント

このPI TALKで様々なアスリートを招いて、ユーザーとプロアスリートとの接点をつくっていきたいと思い、はじめた第1回目の企画です。

 

今回お招きした、戸原開人選手は若くしてロングのトライアスロンでは国内トップの実力者であり、これからコナ(プロのロング世界最高峰の大会)での活躍も期待できる期待の選手です。

 

今回は戸原選手が、

1)今シーズンからPearl Izumiのウェアを着用することになったこと

2)今シーズンから独立したこと

3)大西と同じ順天堂大学トライアスロン競技部の後輩であり非常に応援したい選手であること

この3つの理由から迷わず第1回は戸原選手にお願いしました。

 

多くのトライアスリートが出場する宮古島大会の1ヶ月前というタイミングもあり、戸原選手のトライアスロンとの出会いや、トライアスロン観に迫るとともに、ロングをうまく走るコツやトレーニング方法についてもトークの中で聞いてみました。

 

個人的にはMC的な立場で登壇させていただきましたが、これがなかなかの緊張感だったのと、場をうまく和ませて、参加者が聞きたい話を自然に引き出すのは難しいものだなぁ。。。と実感しました。

自作のカンペを酷使してなんとかやり切りましたが、終わった後はかなりの疲労感でした(笑)

でもとてもいい経験でした!

戸原選手のいい意味で素のままの快活なトークと、一緒に登壇した清水さんの自然な解説に助けられました。

 

トークの内容は参加者にとってもトレーニング方法やレースでのペースマネジメントなどと腹選手ならではの話もあり、とても有意義な内容になったのでは?と感じています。

 

で、今回の大西の密かなミッションは今回のトークで戸原選手のリアルに触れて”一人でも多くの戸原開人ファンを生み出すこと”でした。

ウェアや活動のサポートだけにとどまらず、たくさんの人に応援される選手に導くお手伝いもしたいなと。

 

このミッションはこの1回のトークショーでは当然コンプリートするものではありませんが、コツコツと自分らしく何か企画してプロアスリート(当面は戸原選手)をサポートすることもやっていきたいなと考えています。

 

今シーズンの戸原選手の活躍が楽しみですね!

TEAM EAU ROUGEでもてぎエンデューロ参戦!

先日は、自転車レースや合宿で一緒に走らせていただいている、プロトライアスリート 山本良介選手をプレイングマネージャーに迎えて結成された、アドベンチャー企業オールージュのロードバイクチーム「TEAM EAU ROUGE」で、もてぎエンデューロ(7時間)に参戦。

 

チームウェア作製を担当したPearl IzumiサイトでのTEAM EAU ROGEの記事はこちら

motegi_ - 4

5月にも参戦してこれで自身では2回目の自転車レース

サーキットの周回をハイスピード&集団で走行するので、ぐっと緊張感が高まり、走力とともに技術も要するいつもとは全く勝手の違うレースです。

 

今回も生粋の強者サイクリストたちと一緒に走らせていただき、自分の力不足を痛感しながらも、メンバーとともに必死になって周回を重ねるこのレースはとても刺激的だった。

motegi_ - 1

motegi_ - 2

motegi_ - 3

プロトライアスリート山本良介選手をはじめ、チーム内の健脚アスリートチームで構成されたAチーム、そして自分も一緒に走った男女混合Bチームともに惜しくも表彰台を逃す悔しい結果となったが、それぞれチームメンバーのレベルアップを感じられたレースとなった。

 

こうやっていつもとは違うメンバーで、緊張感の中走るのはいい経験になるし、生粋のサイクリストの走りを間近で見れるのもいい勉強になる。

来年はもう少し、自転車レースでもいい走りができるように準備したいと思っています。

 

毎回、このような素晴らしい機会を作ってくださるTEAM EAU ROUGEに心から感謝。

来シーズンもよろしくお願いいたします!