PI TRIでゆる合宿

大型連休となった今年のGWはPI TRIで企画した「ゆる合宿」

2泊3日、気の合う仲間と西湖でトレーニングをしたり、食べたり飲んだり、自由に過ごしたり。

西湖の周回でバイクやランのトレーニングメニューを”ある程度”は決めて、あとは自由。

追い込むもよし、適度に終えてのんびりするもよし。

トレーニング半分、遊びの旅行半分、そんな”ゆるい”合宿がやりたくて企画しました。

という事で、今回は幹汰も初参加。

マネージャーなおことともに、仲間に入れてもらえてとても嬉しい。

西湖は景色もよく、バイクやランのトレーニングには走りやすくて最適。

ランはみんなで坂ダッシュをしたり

Onジャパン駒田さんと真面目に走ったり

雨でもマリナと10km走ったり

平成から令和へのカウントダウンもみんなでワイワイと。

企画当初は考えずに日程を決めたけど、思い出に残るいいタイミングだったと思う。

PI TRIマネージャーなおこによるヨガも。

幹汰もマーマンに遊んでもらいご満悦。

UTMFを終えてそのまま来たにも関わらず普通に動いていたトウさん、家族サービスの合間をぬって参加の清水さん、PI TRI専属カメラマンの古谷さん、そしてムードメーカーまどかさん、みんなでとてもいいいい時間を過ごせて、イメージ通りのリラックスした楽しいゆる合宿がてきました。

自分自身の徳之島や佐渡などのレースに向けてもいいモチベーションアップの機会にもなってよかった!

こんなカチッと決めすぎず、仲間や家族と楽しむ合宿、また企画したいと思います。

PGLシーズン4が販売開始!

先日、Pearl Izumiの直販ライン「PGL」のシーズン4が販売開始されました。

今回は自分も待ちに待っていた、ベスト、ウィンドブレーカー!そしてソックス。

どれもシンプルなコーディネートにマッチするデザインと、グレー・ネイビーをベースとした絶妙なカラーリングです。

こちらの記事にも書きましたが、ちょっとした温度調節には、ベストやウィンドブレーカーはとても重宝します。

中でも今の時期はベストが大活躍です。

さらにベストは着るとさまになってカッコいい!コーディネートのアクセントにもなります。

ソックスも今回のベスト、ウィンドブレーカーとマッチするカラーリングとやや長めの丈がGOODです。

統一感のあるコーディネートを目指したい方は是非です。

今回のシーズン4は、今お持ちのサイクルウェアにもきっとマッチするアイテムだと思いますので、コーディネートのアクセントにも是非チェックを!

ご購入はPGLのサイトのみになります。

ちなみにサイズ感は大西でLサイズでピッタリです!Sサイズは女性にもオススメです。

自分のスポーツライフの本質は”走っていて気持ちがいいか?”

3月末と4月に、自分の大好きな地域である館山で、Pearl Izumiのサイクリングコミュニティ「PICC」のライドイベントを2回実施しました。(コース下見も入れるとここ3週間で3回も走りました 笑)

館山は、海を眺めながら信号のストレスなく快適に走りることができる道が延々と続き、内陸を走ると、のどかな田園風景もあったりで、自分自身含め、普段都内を走っているサイクリストやトライアスリートにとっては最高のコース。

こんな感じで自然とリラックスして笑顔になれます。

そして、こちらは最近細々とやっているマウンテンバイク。

ここは近所の里山になりますが、木々に囲まれた中を走るのは非日常でスリリング。

そして、早朝の朝陽が差し込むひらけた場所に出たときの気持ちよさは最高です。

ロードバイク、マウンテンバイク、種目は違えど、最近あらためて気づいた自分の気分が高揚するポイントは“自分の好きなコース、気持ちがいいと感じる道を走る”こと。

もちろんトレーニングとして、ロケーションよりも必要な負荷をかけて走る事を優先する場合もありますが、自分のサイクルライフにはコースのロケーションから得られる楽しいとか気持ちいいが欠かせないし、それがすごく琴線にふれることにあらためて気づきました。

これはランニングも同じ。

レースやトレーニングのタイムや距離の価値観でもなく、ファンライドと一言で言える価値観でもなく、“走っていて気持ちがいいか?”の価値観。

最近、自分のサイクルライフまたはスポーツライフ(トライアスロンやランも)の本質は、それをやって健康になるかとか、速くなるかとか達成感を得られるではなく、ここにあるのかなぁなんて感じています。

もちろん自分自身も達成感を感じたくてやってる部分もありますが、本質には気持ちがいいか?楽しいか?があって、そこをうまく伝えていくことで、スポーツがもっと多くの人に定着するんじゃないかなとも思っています。

ちょっと独り言的な記事になってしまいましたが、最近ぼんやり考えてることでした。