マウンテンバイクの楽しさを知る。

先日は、ご近所で多摩のトレイルを知り尽くしている遊び(ラン、バイク、アウトドア)の大先輩TAMEさん(写真左)にお願いして、早朝から近所でマウンテンバイクセッション!

自分はまともにマウンテンバイクを乗るのはこれが初めて。

単純に楽しそうなのと、けっこう海外のトライアスリートやサイクリストがオフトレーニングに取り入れてるのをSNSなどで見ていたので、実際に乗ってみてどんな感じなのか?とても楽しみにしていました。

ということで、マウンテンバイクの基礎的なレクチャーを受けてスタート!

ゆっくり走ってくれているTAMEさんですが、まったくついていけない 笑

というか、TAMEさんが難なく走り抜けている木の根っこがボコボコの急登や、階段の脇の細くてギリギリ走れそうなルートに、挑むものの、「やばい!このままいくとこける!」と、ビビってしまい、足をついてしまう。

これは体力があって、自転車に慣れていて、効率よくペダリングして…だけでは乗り越えられない難しさ。

マウンテンバイクには"自転車と身体を1つにして自由に操る能力"と”度胸(笑)"が必要とすぐに悟りました。

途中、ある程度続く木の根っこやカーブのある急登で何度か練習しましたが、あと少しのところで足をついてしまい、楽しいんだけど悔しい。

もう一回登らせてください!と3回ほどチャレンジして登り切れたときは、よっしゃ〜と大興奮。

ロードにはない攻略する楽しさを実感しました。

これはハマりますね。

下りはまだまだ遅いけれどロードにはないスリルとスピード感、それと路面への集中が余計なことを考えないマインドフルネス的な時間ですごくいい。

そして、何度も近所のトレイルは走っているけれど、改めて近所にこんなに素晴らしい遊び場があることに嬉しくなりました。

もちろんトレーニング効果もしっかり!

心肺機能、筋力への負荷もそうだけれど、バイクの取り回しや重心のかけ方とかも絶対にうまくなりますね。

ロードバイクのレベルアップにも効果的なのは間違いなし!

またトレーニング&気分転換に乗りたいなぁ。

TAMEさん、ありがとうございました!

またお願いします!

寒いような暖かいような…そんな時期に使えるサイクルウェア2点。

3月も後半に入り、だいぶ暖かい日が増えてきましたね。

先日は20℃近くまで上がった日もあって、もう確実に春だなぁと思えば、昨日は10℃以下の気温で、自分の住む八王子は小雪が舞いました。

今の時期はまだ冬の寒さの余韻が残る日もあれば、春本番の暖かさの日もあって、サイクルウェアのチョイスが難しい。

週末、尾根幹を走るサイクリストを見ていても、真冬の装いの方もいれば、夏の装いにアームウォーマーやレッグウォーマーで走っている方などまちまち。

今回はそんなまだ寒いような暖かいような季節に大西も愛用している”使えるアイテム”を2つご紹介。

まず一つ目はストレッチウィンドシェルです。

これはまさに昨日の小雪が舞う寒い日のコーディネート。

トップスはこの時期、寒暖の差があるとはいえ、基本は15℃対応のものをベースにしています。

この日は15℃対応のシンクロジャージの上にストレッチウィンドシェルを着用しました。

ストレッチウィンドシェルはいわゆる薄手のウィンドブレーカーです。

実際この日は10℃以下ですごく寒い日でしたが、ストレッチウィンドシェルにプラスしてネックウォーマーで乗り切れました。

このジャケットで風をブロックするだけで体感温度はだいぶ変わってきます。

さらに暑くなってきた時に脱いで背中のポケットに収まる大きさまで小さくなるのもいいところ。

ウェアは春仕様に切り替えちゃったけど今日は寒そう…そんな日に1着あるととても助かるアイテムです。それと夏を越えた秋口にもかなり使えますね。

もう一つはベスト!

これはそこまで寒くはないけど、朝のまだ気温が低い時間帯や、15℃対応のトップスだけでは少し心配なときに大活躍です。

体幹部のみの防風になりますが、これだけでも体感温度はだいぶ違います。もちろんこちらも暑くなればポケットにしまえます。

写真は4月発売予定のPGLシーズン3のカラーリングにあわせて作られたものです。

シンプルなデザインなのでどんなウェアにもマッチします!

今パールイズミから発売されてるベストだと、先ほど紹介したストレッチウィンドシェルのベストタイプがあります。

さらに、ベストの良いところはコーディネートすると単純にカッコいいところ 笑

ベストを加えることで機能性はもちろん、見た目もぐっと洗練された雰囲気が出ます。

こちらも一つ持っていると非常に重宝するアイテムです。

個人的にも最近ベストにハマってます。

体感温度は個人差がありますが、ウィンドシェルとベストは季節の変わり目に重宝しますのでぜひお試しあれ!

最近の自分にとってのライドイベントの楽しさ。

日曜日はPearl Izumi主催のサイクリングコミュニティ「PICC」のライドイベント。

コースは毎月恒例中級コースの矢野口ローソンからゼブラカフェを目指す往復60km

この日もリピーターの方から、はじめましての方まで8名のサイクリストにご参加いただきました。

店内の広さやセンスのよさ、バイクラックが店内にあること、ラテやクロワッサンの美味しさ、そしてちょうどよい距離の立地。

どれをとってもサイクリストにはぴったりのカフェ。

今ではPICCのライドイベントでも毎月恒例の人気コースです。

いつもここで、コーヒーブレイクをしながら簡単な自己紹介。

自転車を始めたきっかけや、今の目標、それぞれの楽しみ方など。

カフェまで全員の共通の楽しみである”自転車”で一緒に走ってきているので、初対面でも仲間意識が自然と芽生え、リラックスして交流できるのもこのイベントのいいところ。

主催している立場ではあるけれど、この時間は自分にとってもいろんな方のストーリーが聞けていつも楽しませてもらってます。

また、サイクリストに人気のイベントや、サイクリストの世界、そして普段使ってるウェアについての意見なども聞けて、とても勉強になる時間でもあるんです。

これまで実はサイクリストの方々との交流はそこまでなかったのですが、ここ1年ほどで気付けばいろんなサイクリストの方とお会いし、一緒に自転車乗ったり、いろいろお話をすることができました。

ライドイベントはシンプルに”いろんな方と楽しいライド時間を共有する”ことがメインの目的ではありますが、その中でも交流することが自分にとっての楽しみや学びになっていて、次はどんなサイクリストの方が来てくれるのだろう?と楽しみでなりません。

今シーズンはPICCライドイベントとして、新たなコースや企画にチャレンジして、さらに楽しく多くのサイクリストの皆様と交流していく予定です。

3月には南房総への旅ライド企画も開催しますし、one coffee one rideや、恒例のゼブラカフェライドも引き続きやっていきます。

まだPICCライドイベントに参加してないサイクリストの皆さま、そしていつも来てくださる皆さま、まだまだライドイベントは続きますので、一緒に楽しいライドを共有しましょう!

イベント情報はPearl izumiのFacebookページからチェックを!