この時期のライドにオススメ!”ライト”な防風アイテム

9月に佐渡のトライアスロンが終わり、その後謎の発疹が続いたり、自転車を使う遠征が続き、配送の関係で手元に自転車がなかったりで、気づいたらもう11月。

ようやく、落ち着いて乗れる環境になり、久しぶりに仕事前に館山でショートライド。

もうだいぶ朝は冷え込んできていてい、この日の朝の気温は12度

この日のコンディションに合わせて選んだウェアは…

 

トップス:プリントジャージ(長袖)ストレッチウィンドシェルベスト

IMG_3938IMG_3939パンツ:ウィンドブレークライトビブパンツウィンドブレークライトレッグウォーマー

 

IMG_3940

 

この時期の長袖+ベストはベストチョイスですね。

ベストで胴回りの風を防ぐだけでグッと体感温度が上がりますね。この時期だと長袖のジャケットを上に着てしまうとちょっと暑いなんて時もあるので非常に便利。

そして今回チョイスしたアイテムの中で、自分でも新感覚だったのがウィンドブレークライトシリーズ(ビブパンツとレッグウォーマー)

※この日は着用していませんが、アームウォーマーもあります。

 

”ウィンドブレーク”と聞くと、あのガサッとしたしっかり防風素材の非常に寒い時期に着る素材ですが、PearlIzumiから今季発売されたこの”ウィンドブレークライト”は、その名の通りライトな防風アイテムなんです。

表面がスベスベした薄い防風素材を使っているので、あのゴワっとした重さもなく、非常に軽快です。そして裏地は少し起毛していますので程よい暖かさも感じます。

通常のレッグウォーマーやアームウォーマーだとそろそろ風の冷たさが肌を刺す頃ですが、このウィンドブレークライトシリーズは10度対応なので、まだまだ使えますし、それでいて冬物特有の分厚さやゴワっと感もないので、冬の時期でも軽快に走りたいアスリートレベルの方にもかなりオススメです!

この痒い所に手が届く的な素敵な製品を開発したのは、元実業団選手の現PearlIzumiパタンナーなんです。

本気の人たちが集まるメーカーならではですよね。

 

実は自分、今シーズンのカタログをざっと見たときにこのウインドブレークライトシリーズを見落としていました…

そのくらい地味目なアイテムなのですが、清水さんに製品のことを教えてもらって迷わずトライ!

この動きの軽快さを妨げずに、程よい防風と保温。

この時期、まだまだしっかり乗りたいライダーの皆さんには間違いなくオススメです!

LINEで送る

SUNSHINE JUICEのジュースクレンズを体験しました。

先日、友人アスリートの北川麻利奈のススメもあり、前から一度体験してみたかった、SUNSHINE JUICEジュースクレンズプログラム(1DAY)を体験してみました。

外食が多くなるこの時期、感覚的に「いろいろ溜まってるなぁ」と感じていた時期だったのでちょうどよいタイミング。

img_1030プログラムはそれぞれ違う栄養素、効能のコールドプレスジュース6本を2時間をきに、決められた順番で飲むという内容。

それ以外はたっぷりと水分を取ること。

空腹感が心配でしたが、自分はそこまで苦にならず出来たのですが、午後からは眠気と頭痛が予想以上に襲ってきました。

これは解説にも書いてありましたが、デトックス効果の現れのようです。(きっとかなりの毒素が溜まっていたのでしょう)

ジュースは美味しい!と感じるものもあれば、「これは効きそうだ。。。」というお味のものも。

さすがに最後のジュースが18:00に飲み終えるスケジュールなので、お腹が空いて苦しむ前に就寝。

 

そして翌日、頭痛はおさまり、とてもスッキリと目覚めることができました!

カラダの変化というと

・お腹が確実にへこんだ

・感覚的にも内臓がスッキリした

・なぜか気分というか脳もクリアに

・体重も減(体重計が壊れているので計れなかったが、日々の感覚からすると1kgは減っていたと思う)

このようなに、様々な良い効果を体感することができました!

美味しいもの、好きなものを食べて幸せな気分になっていても、知らず知らずのうちに体内に毒素は溜まっていたんですね。

個人的には脳がクリアになった感覚も新鮮でした。

結果からいうと、これは現代人とって必要なプログラムだと感じました。

日々の食生活で食べる内容をしっかり気をつけていればいいのですが、好きなものは食べたいし、生活環境を考えるとそこまでできない人が多いのが現実だと思います。

かといって、断食道場のようなものに行ける方も限られているかと。

でも、ジュースクレンズはどんな方でも気軽にできるので、年末年始の暴飲暴食が続いた後のタイミングや、月に1回の定期クレンズを設けるなどして、カラダの中をしっかり休める機会を自分で作るには最適なツールかもしれませんね。

忘年会や新年会で毒素が溜まった皆さま、是非ですよ(笑)

LINEで送る

サイクルウェアブランド Pearl Izumi(パールイズミ)

この冬はバイク乗ってます。そして乗ります。

そしてこの時期のバイクライドのモチベーションを上げてくれるのがPearlIzumi(パールイズミ)のウェアと小物です。img_0977パールイズミといえば国産ブランドの老舗

自分が大学でトライアスロンを始めた頃から誰もが知るというサイクルウェアブランド

そのテクノロジーは開発スタッフの方のお話を聞くと面白いほどマニアック!

そんなこだわりがしっかり詰まっているのでパンツのパッドも非常に快適なんです。

個人的にはグローブのクッションもすごく気に入っています。

この秋冬モデルは気温ごとにウェアがラインナップされているので選ぶユーザーにもわかりやすい!

デザインも進化していて、老舗のイメージですがこれからさらに進化する予定なのでこちらもお楽しみに!

現在、海外ブランドが人気ですが、国産のパールイズミもぜひチェクしてみてくださいね。

 

LINEで送る