お気に入りリカバリーアイテム3点(宮古島トライアスロンへの道)

宮古島トライアスロンまでいよいよあと2週間を切りました。

トレーニングは全て予定通りとは言えませんが、ここ数年では一番やれているかなという感じです。(まだまだ時間は欲しいですが。。。)

 

そしてトレーニングと同じくらい意識しているのがリカバリー

とにかく痛みや違和感、疲労感なく、元気な状態でスタートラインに立つことがとても大切だと思っているので、リカバリーに関してはいろいろとやっています。

というより効果ありそうなものは積極的に使って、頼っています。 笑

 

今回はそんな大西のこの宮古島に向けて使っているリカバリーアイテムをご紹介。

 

まず一つ目が、最近話題のリカバリーサンダル「OOFOS

そんなOOFOSについての対談記事にも出させていただきました。

外ではもちろん、この時期はルームサンダルとしてもがっつり使用しています。

このサンダルに使われている素材”OOfoam”は、衝撃の反発を37%抑えることができ着地による足裏への衝撃を軽減することができます。

なので膝、腰、背中にかかる負担を軽減でき、また人間工学に基づいて設計されたフットベットが土踏まずをしっかりサポートしてくれるので、履いててとても気持ちがいいんです。

足のだるさなども気づいたらスッと抜けている感覚です。

何より、履いてるだけでリカバリーに役立つってすごくいいですよね。

 

2つ目は「WELEDA(ヴェレダ)」のアルニカオイルとバスミルク

オイルはふくらはぎなど疲労感やハリのある箇所のセルフマッサージに使っています。

オイルの効果でよくほぐれるし、香りもすごくよくて気に入っています。

保湿効果もあるし、日々に欠かせないアイテムになっています。

 

そしてさらに最近のヒットがバスミルクです。

浴室全体がすごくいい香りに包まれて、幸せな気分になります 笑

さらにカラダもぽかぽかになり、入浴の疲労回復効果やリラックス効果が高まっていることを感じています。

これホントおすすめです。

 

3つ目は「PRO-TEC」のセルフケアグッズ

小さなスパイキーマッサージボールと大きなオーブマッサージボール

この2つを部位に合わせて使い分け、グリグリとハリのある箇所を痛気持ちいい具合でほぐしています。

硬さや面の大きさがちょうどいいんです。

一時期、かかとの痛みが結構ひどかったのですが、原因であろうふくらはぎのはりをこれでほぐしていたら痛みも和らぎ、トレーニングを中断するまでには至りませんでした。

 

ちゃんと自分でトレーニングをするようになって、改めてセルフケアの大切さを感じています。

この他に月1回は専門の治療院に行き、マッサージと針治療も受けています。

とにかく、トレーニングをケガなどで中断したくないのでリカバリーには気を使っています。

 

大会当日まであと少し。

痛みなどなく、元気な状態でスタートラインに立てるようにセルフケアもしっかりやっていきたいと思います。

ウェアでモチベUP!パールイズミ2018SSアイテム

宮古島トライアスロンまであと1ヶ月!

なのですが、3月初旬に歯茎やリンパが腫れ、ずっとだるい期間が続き、最終的にはたぶん親知らずが原因だろうということで抜歯。。。

なんだかんだで2週間ほどちゃんとトレーニングができずに焦っている大西です。

 

そんなタイミングで楽しみにしていたPearl Izumiの2018SSのアイテムが到着!

 

今シーズンのデザインはさらに進化して、主張しすぎずシックでシンプル

ラインナップの中でも一番おすすめなのがイグナイトシリーズです。

シルエットが改良され、袖丈が長めになり、全体的に細身のシルエットで、さらに洗練されたイメージです。

今回のイグナイトシリーズは個人的にもすごく好みのデザイン&シルエット

早く着て自転車に乗りたい!とモチベーションも上げてくれるアイテムです。

 

あわせてPearl Izumiが今シーズン描く世界観をこのムービーでも感じ取っていただけたらと。

そんな春ウェアのお話ですが今日の東京は雪。。。笑

さぁ宮古島トライアスロンまであと32日!

デスクワークしてローラーでも乗りたいと思います。

1月のサイクルウェアスタイリング

2018年初RIDEは多摩川でサクッと2時間

この日は快晴ながらも走っていた午前中は7〜8度ほどの気温でなかなかの寒い日。

今回はこんな日のライドにチョイスしたウェアをご紹介

【TOPS】

インナー:ヒートテックセンサーロングスリーブ

ジャージ:オルタナジャージ

ジャケット:ウィンドブレークジャケット

 

【PANTS】

ビブタイツ:ウィンドブレークビブタイツ

※このパンツかなりおすすめ!保温効果はもちろんですが、チャックが下からも開けられるので、ビブタイプの課題であるトイレ問題もまったくのストレスフリー!肩の紐を外さずにそのままできます。

 

【OTHERS】

グローブ:ウィンドブレークサーモグローブ

ソックス:ヒートテックセンサー ウィンターソックス

シューズカバー:ウィンドブレークプリントシューズカバー

ネックウォーマー:Buff

 

 PearlIzumiの各ウェアやアイテムは気温でチョイスできるようになっているのでわかりやすい。

この日は5度対応メインに0度や15度のアイテムを組み合わせましたが、結果少し暑いくらい。

この調子だとさらに冷え込んでくる2月も問題なさそう。

最近はこの日のようにオールブラックなど色を少なめに抑えて、小物の差し色(この日は蛍光イエロー)でアクセントをつけるのがお気に入り。

サイクルウェアも機能面だけでなく、コーディネートも楽しみながらチョイスしていきたいですね。