「走ることについて語るときに僕の語ること」から

この文章がすごく好きでランニングのワークショップなどでも必ず紹介しています。

慌ただしい日々だからこそ、こんな時間を大切にしたいですね。IMG_2287

「一日に一時間ばかり走り、そこに自分だけの沈黙の時間を確保することは、僕の精神衛生にとっても重要な意味を持つ作業になった。少なくとも走っているあいだは誰とも話さなくてもいいし、誰の話も聞かなくていい。ただ周りの風景を眺め、自分自身を見つめていればいいのだ。それはなにものにも換えがたい貴重なひとときだった。」

 

 

 

Book 「走ることについて語るときに僕の語ること」 村上 春樹

 

 

ニンマリなランニングコース

緑も多くどこかホッとする里山風景が多く残る、地元の多摩丘陵

 

ランニングを楽しむにもストレスフリーIMG_2053

ここ最近、トレイルランナーのマナーなどがニュースや問題にもなっているが、多摩丘陵は混雑もなく、とても平和である。

 

もちろん、すれ違うときは挨拶もするし、マナーには気をつけて走るけれど、混雑もなく、自然のなかを走りたい欲もけっこう満たされる。

 

ランニングブーム、トレイルランブームで混雑しているフィールドが増えてきている中、こういう混雑とは無縁の自然豊かなコースを見つけて走れると、自己満足なだけかもしれないが、すごくニンマリなのである。

 

隠れた名店(飲食店)を見つけた気分!?

 

こんなニンマリなコースを見つける旅にも出てみたい。

20 / 69« 先頭...10...192021...304050...最後 »