佐渡トライアスロンレポート③(ランスタートからゴールまで)

佐渡トライアスロンレポート②(スイムからバイクまで)から続き

 

108kmのバイクを終え、いよいよランスタート。

 

バイクの後半でだいぶ脚は疲労していたが、それよりもあとハーフマラソンの距離を走りきれれば完走できるという高揚感のほうが強かった。

落ち着いて、今回のレースシューズとしてチョイスしたOn cloudflowを履き、丁寧にシューレースを結んでトランジッションエリアを出る。

 

トランジッションエリアの出口には、毎晩チームメイトのマッサージをして、マメにみんなの写真を撮り、持ち前の明るさで雰囲気を盛り上げてくれた、普段はプロスイムコーチのマーマンキングが応援してくれていた。

バイクの後半は常に一人だったのですごく力をもらえた。

 

スタート当初、思った以上に脚が軽いことに驚いた。

もっとひどい状態を想像していたので、なんだか嬉しくなり、はやる気持ちを抑えながら走っていたのを覚えている。

 

ランコース一番奥の10km過ぎの折り返し地点まではほとんど抜かれることなく、1kmを4分45秒ペースくらいで気持ちよく走れていた。

途中でチームメイトのYUHOともすれ違い、気分も上がった。

正直、ここまでは順調すぎる。

 

速くはないけれど、疲れてはいるけれど、ペースダウンせずに走れているし、気持ちもゴールが近づいている高揚感が先行していた。

 

しかし、残り8kmほどになった地点で急に脚が重くなった。

折り返し前後の起伏が原因だと思われる。

なんとか上半身で動きを引っ張って走っているが一気にペースダウンして5分30秒近くまで落ち込む区間も。

ただこれでもあまりネガティブにはなっていなかった。

 

もともと、多くを望まず完走だけを目指していたので、走りきれるペースで着実にゴールを目指せばいい。

そう思って淡々と走っていたが、やはりきつくなってからは長くて辛かった。

 

会場付近まで来たところで2名の選手に抜かれた。

一人はポンと自分の腰を叩いて抜いていったが、それは朝川洋明選手だった。

大学時代から知っていて、エリートでも活躍していた選手。

抜かれたが知っている選手とゴール間近で走れていることに嬉しくも感じた。

 

もうあと少し。

 

フィニッシュゲートが見え、その手前には先にゴールしていたリレーのOnチームや、YOHOくん、マーマンキングがいた。

笑顔で出迎えるチームメイトを見てめちゃくちゃ嬉しかったし、ここまでたどり着いたことにめちゃくちゃホッとした。

涙が出そうだった。(いや、出ていた。。。)

sado_ - 1

本当に嬉しくてホッとした。

これがゴールした時の一番の感想だった。

 

RUNタイム:1時間45分27秒(55位)

 

——————–

▼RUN時使用アイテム

ランニングシューズ:On cloudflow

——————–

 

公式記録:5時間47分20秒 総合42位 年代別6位

sado_ - 1 (1)

 

ゴール後は全く動けなくなった。

 

レース中はアドレナリンが出ていたから動けていたようだが、ゴール後ホッとした瞬間から両腿がジンジンと痛みと熱を発して動けなくなった。

椅子に座ってもジンジンしていた。

でもようやくゴールできた喜びと安堵感、今まで応援してもらった方々の顔などを思い出して清々しい気分だった。

 

 

—最後のレポート記事に続く。

 

 

LINEで送る

佐渡トライアスロンレポート②(スイムからバイクまで)

佐渡トライアスロンレポート①(レーススタートまで)から続き。

 

予想もしていなかった感情が湧き出てきたスタート前、こんな気持ちになったのは初めてで自分でもびっくりしたが、決してネガティブな感情ではないので、自分でも嫌な気はしなかった。

 

さぁ、いよいよスタート。

カウントダウンが始まり、スタートの号砲が鳴った。

この瞬間から意識は自分の身体や動きに意識は切り替わった。

 

レース前、一番調子がいいと思っていたのがスイムなので、スイムは思い切っていこうと決めていた。

勢いよくほぼ最前列からスタートしたが、きっとオーバーペースだったのと、レース特有の混雑やバトルで、思った以上に前半で乳酸が溜まり、疲労感を感じていた。

実践練習不足が出てしまい、けっこう蛇行もしていたと思う。

 

中盤あたりからはだいぶ消耗していたので、いいか悪いかは別として、当初の攻めの気持ちはどこへやら、先は長いと言い聞かせ無事に泳ぎ切ろうと守りに入っていた。

スタート前一番期待していたスイムだったが、スイムアップする頃には順位もタイムも全く期待していなかった。

 

そして少し期待外れな感触のままバイクのトランジットへ。

SWIMタイム:36分57秒(44位)

——————–

▼SWIM時使用アイテム

ウエットスーツ:GRAD FIVE

ゴーグル:VIEW(DELFINA)

——————–

 

 

21371044_1906519286339261_3120453220132768556_nバイクへのトランジットは、距離が長いため、ソックスを履く、エネルギー補給用のジェルをポケットに入れるなど、ショートのレースよりやることは多いし、何か忘れてしまうとけっこう致命的なので、急がず少し時間はかかっても確実に行うことを心がけて、トランジッションエリアを出た。

 

バイクは一番自信のないパートだったので、感覚としては”気持ちのいいペースのロングライドより少し頑張る程度”を保って走ることを常に心がけていた。

チームメイトやレベル感の似たような選手に抜けれても、バイクパートだけは頑張りすぎると痛い目にあうことは自分でもわかっていたので、常にペースは自分軸で決めていた。

 

ただ、いつ疲労感が襲ってくるのか?恐れながら自重して走っている中でも、向かい風などもさほど感じることはなく、自分にとってはかなりラッキーなコンディションだったと思う。

 

そして何と言っても今回の自分の走りを助けてくれたのがDHバーである。

基本自分はDHバーを付けずに、ベーシックなロードバイクポジションで普段乗っている。(レースにほとんど出ていないからでもあるが)

DHバー自体も実は持っていなくて、今回使用したのは、ある時YUHOくんがお古をプレゼントしてくれたやつである。

今回も練習では一度も付けず、ギリギリまで迷っていたが、梱包前のローラー台で可もなく不可もなくのポジションだけは確認して、バイクケースに入れていた。

ただ、やはりコース特性や、空気抵抗、パッドに前腕を置いて楽できるポジションは108kmのバイクには有利だろうと現地で判断して付けることに。(本当は事前にしっかりDHバーのポジションで練習しておくものなのでダメです)

 

久しぶりに実走で使うDHバーだったが、重心もかけやすく空気抵抗も少ないため楽にスピードを上げることができ、そのペースを維持するのも楽である。

こんな初心者的な感想を述べているが、本当につけてよかった。

 

常に余裕のあるペースで走っていたが、そこまで悪くない感覚とタイムで80kmあたりまでは走れていた。

しかし心のどこかでは、今回のトレーニング量で、このままうまくバイクを終えられるわけはない。。。と覚悟していたがやはりその予感は的中した。

後半の坂が続くエリアから途端に乳酸が溜まってしまい、ダンシングでひと踏みひと踏み登るのがやっと。

見えていた前方の集団もあっという間に見えなくなり、周囲にも選手はいなくなり一人サイクリングペースに。

 

ここからはめちゃくちゃきつい。

さっきまで楽に出せていたスピードも全く出せない。

やはり練習は嘘をつかない。

下り坂で脚を休ませながら、なんとかペースダウンを最低限に抑えて、残りの距離を走りきることだけを考えていた。

ランスタートした選手ともすれ違い、だいぶヘロヘロになりながら街へ戻ってきたが、不思議と心は折れていない。

ようやく最後の種目にたどり着いたことと、一番恐れていたバイクがどんな形であれ終えられたことに、少し喜びを感じていたくらいである。

 

BIKEタイム:3時間24分57秒(57位)

——————–

▼BIKE時使用アイテム

バイク:FUJI TRANSONIC SL

ヘルメット:LASK PROTONE

——————–

 

さぁ、あとハーフマラソン走りきればゴール。(続く)

LINEで送る

佐渡トライアスロンレポート①(レーススタートまで)

9月3日(日)に開催された佐渡国際トライアスロンBタイプ(Swim2.0km / Bike108km / Run21.1km)に出場してきた。

 

このレースについてはちゃんとレポートを書いて振り返りたいと思っていたので、まとまりのない文章にはなりそうだけど書いてみる。

 

今回はブランドアンバサダーを務めるPeal Izumiが、今年から手がけているトライアスロン用ウェアAir Trisuitsのプロモーションも兼ねて結成されたTeam PIのメンバーとして、サポートも仕事も何も関係なく、選手としての出場。

 

普段、仕事ではトライアスロンの企画や指導に携わっているものの、自分が選手として一生懸命走ることからはだいぶ遠ざかっていた。(昨年トライアスロン駅伝など、お世話になっている方々からお誘いいただいてFUNレースとして出場した2レースはコンディションにより2レースともにスイムが中止)

 

自分はトライアスロンが好きだし、素晴らしいスポーツだと思っていることは間違いないが、仕事などを言い訳に満足にトレーニングをしていない自分と、そして当然のことながらいいパフォーマンスなんて出せないこともわかっていたので、ここ数年トライアスロンをしたい気持ちはあるものの、選手として出場することからは避けている自分がいた。

誰も自分のことなんか見てるわけでもないのに、遅かったり、ちゃんと走りきれなかった時を考えると恥ずかしいなど変なプライドがあったのだと思う。

 

けれど今回はAir Trisuitsのプロモーションも絡めていたこともあり、onyourmarkLuminaなどのメデイアで佐渡へのチャレンジを追いかけていただいたことで、何が何でも一生懸命しっかり走りきらないとという想いが否が応でも芽生えていた。

 

レースを終えた感想は後で書くが、こうやって自分がトライアスロンのレースに出場できる機会をいただけたことには心から感謝しているし、きっとこれがなければ、何かと言い訳をつけて今シーズンもレースには出場していないと思う。

 

しかし、そんな想いとは裏腹に、レースに向けて徐々にトレーニングを積んでいきたい4月から6月は、仕事もバタバタしていたこともあり、満足にトレーニングができなかったり、長期の首痛にも襲われ、やきもきしていた。

 

そんな決して万全と言えるコンディションではない状態で迎えた7月の館山合宿では、Team PIのメンバーと2日間ではあったがしっかりとトレーニングを行なった。

ある程度の負荷をかけると想像以上に自分のカラダは動かないし苦しい。

正直、焦ったが、この危機感が自分にスイッチを入れてくれた。

 

ここからレース当日までは決して十分な期間とは言えないが、うまく日々のタイムマネジメントして継続的にトレーニングができたと思う。

体重も2kgほど減り、スイムでお世話になっている東京ヴェルディの山倉コーチからもカラダも締まってきたし、泳ぎもよくなってきたと言われた。

バイクも週末中心に、ちょっとした楽しみも設けながら目的地を設定し、早朝の4時台から乗るようになった。

ランニングは残された期間を考えると手一杯になるので、ほとんどトレーニングらしいトレーニングはしなかった。

 

そんなこんなでようやく直前に火がついて最低限の準備はできたような感覚はあったが、当然満足とは言えないまま佐渡入りに。

レース当日までは現地でPearl Izumiのブース出展をスタッフとして手伝ったり、ともにこの佐渡を目指してきたOnチームとも合流し、試泳をしたり、宿では笑いの絶えない楽しい時間を過ごしたり。

FullSizeRender(写真はスイム会場で試泳の時)

 

IMG_2250(写真は館山合宿での1枚、このメンバーでチャレンジする)

 

そして、あっという間にレース当日。

雨予報もちらついていたが、当日は穏やかな快晴で非常にいいコンディション。

IMG_2269sado_ - 1 (1) IMG_2785(写真はレース前の準備中)

 

自分は前夜から久しぶりのレースで非常に緊張していたが、落ち着いてレース準備を済ませ、いよいよスイムのスタートラインに並んだ。

この時、突然自分でも予想もしていなかった感情が湧き出てきた。

このスタート直前、緊張のせいかあまり記憶にも残っていないのだが、覚えているのはとてもいい天気で海面がキラキラしていたこと。

そして緊張もあったが、それよりもようやく自分がトライアスロンのレースのスタートラインに立てて、本当に出走ができるという確信を得られたからか、すごく嬉しくて「ようやくできる。。。」という心の底からの想いが湧き出てきて、なぜか涙が頬をつたった。

近くに並んでいたTeam PIのYUHOくんに「すごい嬉しい、ようやくできる、すごい嬉しいよ。」と話しかけているのか独り言かよくわからないことを、目を潤ませながら言っていたのはうっすら記憶にある。

 

きっとトライアスロンをやることに飢えていたというか、何かと逃げていたけど本当は自分も走りたかったんだと思う。

 

本当に嬉しかった。

 

さぁ、いよいよ号砲。(続く)

LINEで送る