スマートコーチングでバイク強化の第一歩(宮古島トライアスロンへの道)

今回は2018年最初のトライアスロンのお話。

 

で、いきなりですが…

私、大西勇輝は昨年末の抽選の結果により、4月22日に開催される、第34回宮古島トライアスロンの出場権を獲得しました。

 

昨年は佐渡トライアスロンBタイプに出場し、久しぶりに自分で走ってトライアスロンの楽しさや魅力を自分の肌で再確認できました。

この佐渡で感じたパッションは仕事にも自分の日々の生活にもとっても必要なものだと感じたし、単純に挑戦する過程からレース当日、すべてが久しぶりの楽しさでした。

佐渡に一緒に出場したTeam PI(Pearl Izumiのコミュニティ)のメンバーとも、次はみんなで宮古島にチャレンジしよう!ということになり、自分も迷わずエントリー。

 

そして運よく当選しました。

 

さて、では当日どんなレースプランを立てて、どこに目標を置こうか。

そんなことを年末考え、自分の中では決めたのですがその話はまたいつか。

 

でも佐渡を終えて改めて実感したのがバイクの弱さ…

宮古島のバイクは157kmで佐渡より50km以上長い(そのあとのフルマラソンもですが)

まずはバイクの強化はマストであるということで、新年早々に自転車プライベートコーチングスタジオ「スマートコーチング」の門を叩きました。

スマートコーチングはTeam PIの清水さんや、エイジのロングではトップクラスの実力者で大学の先輩でもあるスタイルバイクの森田翼さんからもお勧めしていただいた。

スマートコーチングのコーチは言わずと知れた安藤隼人さん

当日は自分のバイクを持ち込み、実走感にとても近く、程よい不安定感もあるGROWTACのローラー台を使って、

・ペダリング画像のチェック

・ペダリング理論の説明とペダリング練習

・理論に合わせた適性ポジションの調整

詳細は書けませんが、主に上記の3つをじっくり3時間ほど時間をかけて行いました。

 

安藤コーチはトップアスリートの指導経験もあり知識・経験ともに素晴らしく、化学的な見解やアプローチも得意としていますが、伝えてくださる内容は決して難しいものではなく、スッと入ってくる納得のわかりやすさでした。

このコーチングを通して、自分自身の良かれと思っていたポジションや力のかけ方も一気にアップデートされ、実際に走ってみた感覚や疲労感にも良い変化を感じています。

これは本当に行ってよかった。

これをものにするかどうかはこれからの自分の努力次第ですが、行っていなかったらだいぶ遠回りをすることになっていたかも。

安藤コーチ、丁寧なご指導ありがとうございました。

 

でも、これはあくまでも強化に向けた第一歩。

157kmのバイクパートを自分は快走できるのか?

これからの自分の変化に期待しつつコツコツとバイクトレーニングを継続していきたいと思います。

トライアスリートやサイクリストの皆さん、スマートコーチング是非ですよ!

大西も宮古島前にもう一回行きたい…

1月のサイクルウェアスタイリング

2018年初RIDEは多摩川でサクッと2時間

この日は快晴ながらも走っていた午前中は7〜8度ほどの気温でなかなかの寒い日。

今回はこんな日のライドにチョイスしたウェアをご紹介

【TOPS】

インナー:ヒートテックセンサーロングスリーブ

ジャージ:オルタナジャージ

ジャケット:ウィンドブレークジャケット

 

【PANTS】

ビブタイツ:ウィンドブレークビブタイツ

※このパンツかなりおすすめ!保温効果はもちろんですが、チャックが下からも開けられるので、ビブタイプの課題であるトイレ問題もまったくのストレスフリー!肩の紐を外さずにそのままできます。

 

【OTHERS】

グローブ:ウィンドブレークサーモグローブ

ソックス:ヒートテックセンサー ウィンターソックス

シューズカバー:ウィンドブレークプリントシューズカバー

ネックウォーマー:Buff

 

 PearlIzumiの各ウェアやアイテムは気温でチョイスできるようになっているのでわかりやすい。

この日は5度対応メインに0度や15度のアイテムを組み合わせましたが、結果少し暑いくらい。

この調子だとさらに冷え込んでくる2月も問題なさそう。

最近はこの日のようにオールブラックなど色を少なめに抑えて、小物の差し色(この日は蛍光イエロー)でアクセントをつけるのがお気に入り。

サイクルウェアも機能面だけでなく、コーディネートも楽しみながらチョイスしていきたいですね。

TEAM EAU ROUGEでもてぎエンデューロ参戦!

先日は、自転車レースや合宿で一緒に走らせていただいている、プロトライアスリート 山本良介選手をプレイングマネージャーに迎えて結成された、アドベンチャー企業オールージュのロードバイクチーム「TEAM EAU ROUGE」で、もてぎエンデューロ(7時間)に参戦。

 

チームウェア作製を担当したPearl IzumiサイトでのTEAM EAU ROGEの記事はこちら

motegi_ - 4

5月にも参戦してこれで自身では2回目の自転車レース

サーキットの周回をハイスピード&集団で走行するので、ぐっと緊張感が高まり、走力とともに技術も要するいつもとは全く勝手の違うレースです。

 

今回も生粋の強者サイクリストたちと一緒に走らせていただき、自分の力不足を痛感しながらも、メンバーとともに必死になって周回を重ねるこのレースはとても刺激的だった。

motegi_ - 1

motegi_ - 2

motegi_ - 3

プロトライアスリート山本良介選手をはじめ、チーム内の健脚アスリートチームで構成されたAチーム、そして自分も一緒に走った男女混合Bチームともに惜しくも表彰台を逃す悔しい結果となったが、それぞれチームメンバーのレベルアップを感じられたレースとなった。

 

こうやっていつもとは違うメンバーで、緊張感の中走るのはいい経験になるし、生粋のサイクリストの走りを間近で見れるのもいい勉強になる。

来年はもう少し、自転車レースでもいい走りができるように準備したいと思っています。

 

毎回、このような素晴らしい機会を作ってくださるTEAM EAU ROUGEに心から感謝。

来シーズンもよろしくお願いいたします!