自分のスポーツライフの本質は”走っていて気持ちがいいか?”

3月末と4月に、自分の大好きな地域である館山で、Pearl Izumiのサイクリングコミュニティ「PICC」のライドイベントを2回実施しました。(コース下見も入れるとここ3週間で3回も走りました 笑)

館山は、海を眺めながら信号のストレスなく快適に走りることができる道が延々と続き、内陸を走ると、のどかな田園風景もあったりで、自分自身含め、普段都内を走っているサイクリストやトライアスリートにとっては最高のコース。

こんな感じで自然とリラックスして笑顔になれます。

そして、こちらは最近細々とやっているマウンテンバイク。

ここは近所の里山になりますが、木々に囲まれた中を走るのは非日常でスリリング。

そして、早朝の朝陽が差し込むひらけた場所に出たときの気持ちよさは最高です。

ロードバイク、マウンテンバイク、種目は違えど、最近あらためて気づいた自分の気分が高揚するポイントは“自分の好きなコース、気持ちがいいと感じる道を走る”こと。

もちろんトレーニングとして、ロケーションよりも必要な負荷をかけて走る事を優先する場合もありますが、自分のサイクルライフにはコースのロケーションから得られる楽しいとか気持ちいいが欠かせないし、それがすごく琴線にふれることにあらためて気づきました。

これはランニングも同じ。

レースやトレーニングのタイムや距離の価値観でもなく、ファンライドと一言で言える価値観でもなく、“走っていて気持ちがいいか?”の価値観。

最近、自分のサイクルライフまたはスポーツライフ(トライアスロンやランも)の本質は、それをやって健康になるかとか、速くなるかとか達成感を得られるではなく、ここにあるのかなぁなんて感じています。

もちろん自分自身も達成感を感じたくてやってる部分もありますが、本質には気持ちがいいか?楽しいか?があって、そこをうまく伝えていくことで、スポーツがもっと多くの人に定着するんじゃないかなとも思っています。

ちょっと独り言的な記事になってしまいましたが、最近ぼんやり考えてることでした。

PICCで淡路島ロングライドに参加してきました!

佐渡トライアスロンAタイプへの挑戦を終えてからもう2ヶ月!

無事、腰の痛みも回復し、仕事に勤しんだり、気の向くままにカラダを動かしたり、スポーツのほうは緩めに過ごしております。

そんな中、9月末にはPearl IzumiのサイクリングコミュニティPICCのメンバーで淡路島ロングライドに参加してきました。

今回は、佐渡ロングライドに出場したメンバーに加え、ライドイベントでご一緒したメンバーや、ランニングシューズブランドOnに勤務するウルトラマラソンやトレイルも走っちゃう靖子さん(ロードバイクは超ビギナー)、以前開催したトークショーに遊びに来てくれて、ここ最近でガチのサイクリストに変貌を遂げたトライバルメディアハウス池田さんらがPICC初参加。

バラエティに富んだ愉快なメンバーで淡路島の自然豊か、起伏も豊かな150kmを走ってきました!

ウェアは自分自身も最高に気に入ってるPICCオリジナルのオーダーウェア

コースは海沿いを走る淡路島ならではの気持ちのいいコースに、なかなかの起伏があるエリア、そして充実のエイドステーション。

ロングライド初挑戦の靖子さん。

ランニングで培った体力と根性で、きつい坂道も気合いで⁈自転車から降りるこなく登りきり、心配されていた長時間ライドによるお尻の痛みも最小限だったようで、ゴール後はこの笑顔。

今回は大きなトラブルもなく、制限時間にヒヤヒヤすることもなく全員でゴール!

ロングライドイベントは、自転車でその地域の自然やロケーションを楽しめて、旅気分もあって、仲間とワイワイやれるのが最高。

レースやトレーニングとはまた違う、仲間で楽しむ自転車遠足!ですね。

今年はPICCでそんな楽しみを知れたのも大きな収穫。

来年はPICCでどこに行こうか?

せっかくならその地域をディープに楽しめるおもしろいロングライドイベントないかな?

そろそろ来シーズンの計画立てよう。

ハワイでクアロア・ランチ135kmロングライド!

ここ最近では間違いなく一番エキサイティングだったライドのこと。

 

1ヶ月以上経ってしまいましたが、ホノルルトライアスロンの帯同で1日オフの日。

 

遠征や大会ではいつでもどこでも一緒のカメラマンであり、自転車大好きサイクリストの古谷さんとクアロア・ランチを目指して、ホノルルから往復135kmのライドに行ってきました。

 

コースは古谷さんが事前にチェクしてくれていて、自分はついて行くだけ。

ハワイの海沿い中心コースで、異国の走ったことのないコースで、センスのいいカメラマン古谷さんがカメラを持って走りに行きたいコース。

走る前から間違いなくいいライドになるとワクワクしていて、ショッピングや観光よりも一番楽しみにしていたライドです。

 

で、

予想通りというかそれ以上の絶景と開放感が素晴らしすぎるコースに、常に”はぁ〜最高だぁ〜”と心の底から言葉が出てきてしまう最高のライドとなりました。

途中、スコールあり、コースミスあり、ハードな起伏あり、よくわからないディープなローカルフードカフェの休憩ありで、絶景だけじゃない、いろんな意味でエキサイティングで記憶に残るライドでした。

 

この最高具合をぜひぜひこの梅雨時期の日本の皆さまにも感じてもらいたいので写真アップしますね。

 

古谷さんとはPIGLのお揃いウェアで!

どうですか?

絶対走りに行きたくなりますよね?

このライドを企画してくれた古谷さんには心から感謝です!

 

こういうところを走ると、

ただただずっとこんなところ走っていたい。

最高に気持ちがいい。

幸せだ。

そんな気持ちになります。

 

やっぱり日常と非日常のバランスがスポーツをより楽しいものにしてくれますよね。

またこんなところ走りたい!