南高尾山稜トレイルにて

昨日はAdams Campusのトレイルランデビューを目指す講座で南高尾山稜トレイルに行ってきました。

 

最近の高尾は混雑しているイメージがあったので、だいぶ遠ざかっていたのですが、南高尾山稜のルートは今でも混雑は少なく気持ちよくトレイルランができますね!takao0609_1 takao0609_2 takao0609_3 takao0609_4

 

高尾山までのメインのルート(約50分間)はどうしても多くの登山者と遭遇しますが、そこは焦らず歩いたり、笑顔で声をかけながら先に行かせてもらったりと、平和に穏やかに進めば問題無しです。

 

スタート時間を8:00前にすると、メインのルートの混雑もだいぶ軽減されそうです。

 

それと昨日久しぶりに高尾に行って感じたことは、ランナーとハイカーのマナーやお互いの共存意識が以前より高まっていたように感じました。

 

現在の山ガールブーム、アウトドアブーム、トレイルランブーム、その流れの中で、都心からアクセスのよい高尾山

 

誰でも容易に混雑やトラブルが予測される高尾山だからこそ、マナーへの意識が高まって、気持ちよく安全に山を楽しむために、それぞれが気をつけているのかもしれませんね。

 

すれ違いは譲り合ったり、あいさつをしたり、声をかけ合ったりと、約3時間30分のトレイルランを楽しく気持ちよく安全に終えることが出来ました。

 

少し心配していた高尾山でしたが、昨日は予想以上に気持ちよく遊ばせていただきました。

 

これからも自然のフィールドで遊ばせていただいている一人として、高尾山だけでなくどこにい行っても、「みんなが気持ちよく安全に。」を忘れずニッコリ笑顔でアウトドアアクティビティを楽しんでいきたいですね!

 

基本は「安全第一」「笑顔」「あいさつ」「譲り合い」ですね!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

LINEで送る