昔ながらの外遊び的なトレーニング

「できるだけ自然の中でカラダを動かそう。」

 

この僕のテーマは大人も子どもも変わりません。

 

レインボーアスレチッククラブは相変わらず自然の中で友達とふれあいながら楽しく、でもしっかりと運動効果を得られるように活動しています。

 

森の小径をランニングして

o0480031912446413287

 

 

手押し車して

o0480031912446413286

 

 

馬跳びして

o0480031912446420036

 

 

ボール

o0480036012446450634

 

 

一見、昔ながらの外遊び的なものが多いですが、実はこれがとってもこの年齢期の子どもにはよいのです。

 

走る、投げる、跳ぶ、支える、バランスをとるなど、遊びながら、様々な運動刺激が入ります。

 

昔は今のようにお金を払って教わるような運動クラブがたくさんあるわけではなかったと思いますが、今の子どもより体力はあったでしょう。

 

それは、コンピューターゲームではなく、外遊びが最高の楽しみであったからこそかもしれないなと最近あらためて思っています。

 

やらされる運動より、遊びながら、ワクワクしながらやるほうが絶対に上手になりますよね。

 

現在「子どもの体力の低下」などと言われていますが、学校の授業だけでなく、外遊びをもっと盛り上げることが、ひとつの解決策になるんじゃないかなぁと思っています。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

LINEで送る