【ウェア編】三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング情報

いよいよ来週末に迫った、三陸・雄勝 海の幸トレイルランニング

イメージ 4

私自身、大会コースを大会運営スタッフとともに事前に走った経験があり(当日もお手伝いさせていただきます)、トレイルランニングの指導やガイドに携わる身として、このブログでも大会事前情報として、シューズについて書かせていただきました。

 

4月に現地で走ってきました。イメージ 5

 

今回は現地の方から聞いた最近の気候やコースコンディションと、自分の経験などをすりあわせて、ウェアについて書いてみたいと思います。

 

もしよかったら参考にしてみてください。

 

 

【最近の現地コンディション】

・気温は寒いときで16〜17度、暑いときで22〜23度

・山の中でも動いていれば寒さは感じないが、山頂でじっとしていると冷える

・雨が多い

・下草が膝下くらいまで生えている箇所がある。

 

以上の情報から。。。

【タイプ①】

トレイルランニング経験があり、トレイルランニング中上級者、大会当日もある程度しっかり走りたい方向け

 

【タイプ②】

トレイルランニングビギナーで、のんびり歩いたリ走ったりを繰り返しながら楽しみたい方向け

 

この2タイプ、それぞれに合わせたウェアリングについて書いてみます。

 

 

【タイプ①のウェアリング】

・晴れた場合は基本的に半袖またはノーズリーブにショートパンツでよいと思います。

・簡単な防寒対策(休憩時の防寒や万が一不調で動きが止まった場合)として、アームウォーマーか小さくたためる薄手のソフトシェルを携帯

・草が気になる方は、ハイソックスタイプのコンプレッションウェア着用

・降雨の場合は、走っていても体感温度は下がるため、アームウォーマーとソフトシェルを両方携帯することをお勧めします。

 

 

【タイプ②のウェアリング】

・晴れた場合は半袖、または半袖+アームウォーマー、下はお好みに合わせてショートパンツか、タイツ(七部丈)とショートパンツの組み合わせがよいと思います。

・防寒対策としてはタイプ①と同じく、晴れた場合は小さくたためる薄手のソフトシェルを携帯していればよいかと思います。

・寒がりの方は汗が冷えたりしたことを考え、ロングスリーブのTシャツを着替えように忍ばせておくのもありですね。

・降雨の場合は、雨の中歩くことも考え、重量は少し重くなりますが、ソフトシェルより防水効果の高いジャケット(マウンテンパーカー的なもの)がよいかと思います。

・よりゆっくり行きたい、体力に自信がないという方は、ゴアテックスのウェアを持っていてもよいと思います。

・草が気になる方は、初めからロングタイツ、またはハイソックスタイプのコンプレッションウェア着用

 

 

と、このような感じでしょうか!

あくまで私の経験からの意見が多く含まれていますので、最終的にはご自身の好みなどもふまえてチョイスしてくださいね。

 

それと晴れ、雨、暑い、涼しいなどいろんなコンディションが予想されるので、現地への荷物に、軽装バージョン、しっかりバージョンの、2バージョンのウェアをご準備いただけるといいかと思います。

その中から最終的には当日の朝のコンディションで決めるというのが一番いいでしょう。

 

 

梅雨の時期ではありますが、とにかく晴れてほしいですね!

この写真のエリアも今はきっとキレイなGREENとなっているはずです!

イメージ 3

 

大会に参加されるみなさま、当日まで体調など崩さず、元気にお過ごしくださいね!

そして、晴れることを祈りましょう!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

LINEで送る