2019佐渡トライアスロンAタイプへの挑戦に向けた準備

明日から佐渡現地入りです。

昨年の無念のDNFから一年。

ランの15km地点あたりのこの田んぼの真ん中でレースを終えてしまったリベンジの大会。

今年もスイム4km、バイク190km、ランニング42kmのAタイプに出場します。

昨年は不覚にも大会直前に腰痛が出てしまい、万全の状態でスタートラインに立つことができませんでしたが、今年は今のところコンディションはいいです。

今年の佐渡Aに向けてのトレーニングは、“負荷かけすぎない、やり過ぎない”を心がけてきました。

ここでこれまでのトレーニングのトピックスをざっくりと。

【スイム】

スイムは週一回、レッツスイム町田でしっかり泳いで、あとはスポーツクラブで軽く泳ぐルーティン。

100m×50本のイベントにも参加して、量や距離に対しての免疫もつけました。

100mを1分35秒サークルではなんとか泳げるくらいにはなってきました。

あとは本番でZone3ウエットスーツの力も借りて、いいかたちでスイムアップをしたいところ。

【バイク】

バイクはPI TRIのメンバーとともに、毎年恒例の伊豆方面への200kmライドで距離対策。

ご近所のTAMEさんと距離は45kmほどですが、小山田周回コースで刺激を入れたり。

この他に今年はローラーも入れてみました。

(ちびっこ監督の見守る中 笑)

この他にも旅先やライドイベントの集合場所までの自走など、乗れるタイミングでコツコツと乗ってきました。

負荷はローラー台でかけるくらいで、その他はぼちぼちです。

あ、5月にPICCのメンバーで佐渡ロングライド210kmを走ったのもいいリハーサルになりました。

【ランニング】

ランニングは週に一回、800m×5本のインターバルを3分45〜55秒くらいのペースで。

追い込み過ぎないように余裕のある設定、量でやりましたが、暑さのせいで普通に大変でした 笑

あとは地元の多摩丘陵の里山トレイルをアッキーやデイビットを誘って、20〜25kmじっくり走りました。

この他にも、PI TRIのメンバーとバイク+ランのブリックトレーニングを入れたり

ジムでカラダづくりのためにパーソナルトレーニングも入れてきました。

この効果か、スイム、バイク、ランすべての動きに安定感と強さが増している感覚はあります。

速さとはまた別ですが長く動き続けるためのカラダづくりへの効果は感じてます。

あとは、6月末に出た徳之島トライアスロンも、佐渡に向けてモチベーションを高めるきっかけとなるいい大会でした。

こうやって振り返ってみると、仲間の力を借りながら、怪我することなく佐渡までの過程を楽しみながらやれたかなというのが自己評価。

今はとにかくレースが楽しみで仕方ないです。

佐渡はトライアスロン、ロングライドを含めると5回目。

何度走っても気持ちがいい大自然のロケーションも楽しみです。

あとは仲間とワイワイ過ごす旅もすごく楽しみ!

何が起こるか分からない長旅のレースにはなりますが、着実に一歩一歩、力を出してゴールを目指したいと思っています。

佐渡でお会いする皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

PI TRIのトライスーツ 2019バージョン

いよいよ今週末は、今シーズンのメインとしているレース、佐渡トライアスロンAタイプ

今年もPI TRIのメンバーで佐渡にチャレンジします。

毎年みんなでワイワイ参加しているメインレースなので今からとてもワクワクしています。

個人的にも、昨年はランの途中でDNFという悔しい結果となってしまったので、今年こそは絶対完走!と意気込んでおります。

 

そんな佐渡のレースでPI TRIのメンバーで着用する今シーズンのトライウェアがこれ。

今回は自分がデザインを担当した思い入れのあるウェアです。

鮮やかなネイビーからブルーへのグラデーションです。

べったり平面的にならないように、波のような細いラインの総柄を施しました。

背中にはPI TRIのウェアには毎年入れているメッセージ「RUN ON EARTH」のテキストを袖から背中をまたぐようにで大きく入れてあります。

これが個人的にはポイント!

こちらは女性モデル!

佐渡ではパールイズミアンバサダーの北川麻利奈選手が着用しています。

 

このウェアのベースはPearl Izumiのオーダーシステムにもあるエアトライスーツです。

エアトライスーツは3シーズン目となりますが、これまでトラブルなしで非常に快適な着心地でレースができています。

 

すでに自分は6月の徳之島のレースでデビューしていますが、みんなで着用して出るレースは佐渡になります。

この鮮やかなブルーのウェアでメンバー同士励ましあいながら、みんなで完走を目指して、佐渡のレースを走ってきたいと思います!

このウェアを会場やコースで見かけたら、ぜひ声かけてくださいね。

エールを送り合いましょう!

はじめて自分がプロデュースしたサイクルウェア販売開始!PGLのシーズン6

この7月でパールイズミブランドアンバサダーとして活動をはじめてちょうど3年が経過しました。

最近はアンバサダー活動に加え、プロダクトのフィードバック、コミュニティ活動の企画やディレクション、カタログ撮影のサポート(モデル出演ではなく運営側)など、様々な部分でブランドに関わらせていただいていました。

そのパールイズミの中でも自分が大好きな直販プロジェクト「PGL」の最新作である、シーズン6の販売が先日スタートしました。

実はこのシーズン6、はじめて自分がコンセプトからデザイン、カラーリングまでプロデュースしたものなんです。

人生はじめての経験です。

自分なりにずっとファッションが好きだったことや、デザイナーの父のもとで育っていたこともあり、教員、スポーツ関連の仕事を経験を経て、37歳でアパレルの製作に携わり、それがカタチになって世に出たことは、とても感慨深く嬉しい。

年明けからコンセプトづくりをはじめて、清水さんにもアドバイスをいただきながら、自分がライドを通じてパッションを得る瞬間や感覚ってなんだろう。

そんなことをあれこれ考えながら生み出したシーズン6のコンセプトメッセージは「Sparks(スパークス)」

 

Sparks

スピード感、爽快感、達成感

サイクリストであれば誰しもが感じる、自分の内側でSparkする感覚。

シーズン6はそんなサイクリストたちのSparkする瞬間を表現した。

 

どうでしょう?

きっと誰しもがライドを通じて、ゴールした達成感や、走り終えた後の爽快感、非日常のスピード感から、自分の内側が震えるような感覚を感じたことがあるかと思います。

その感覚が次のライドのモチベーションや日々の生活の原動力となり、サイクルライフを豊かにしてくれる。

まさにそんなライドを通じて感じるSparkをウェアで表現しました。

 

Sparkを発想の軸として、自分でイメージコラージュを作成し、デザイナーとディスカッションを重ね、仕上がってきたのがこのシーズン6

ホワイト×ネイビー

ネイビー×ピンク

ライトグレー×ライム

右肩、左裾にはSparkを表現するような動きのあるドットを。

全3色展開です。

 

袖次にはアクセントとなる直線的なラインのモチーフ

 

これはバックスタイル

PGLのロゴを配置

細かいですが個人的にもお気に入りのポイントです。

 

ビブショーツにも大きめのPGLロゴを。

トップスと同じようなドットを入れるか迷いましたが、ここはあえてシンプルに。

 

我ながら自分が最高に着たいウェアに仕上がりました!

いやぁ、嬉しすぎる。

ニンマリです。

(自己満ですいません)

 

そんなシーズン6をモデルとして着用してくれたのがデイビット

3人の子供のパパであり、仕事もバリバリやりながら、大好きな自転車もしっかり楽しんでいるまさに自分に取っても理想の大人であるデイビット

自分がプロデュースしたウェアのモデルをデイビットが受けてくれたことも非常に嬉しいんです。

デイビットのライフスタイルを綴ったバイシクルクラブのインタビュー記事もぜひ読んでほしいです。

 

そんなこんなで人生ではじめてのプロデュースウェアPGLのシーズン6

このコンセプトやデザインに共感してくれて、このウェアを着てライドを楽しんでくれる人がいたらとても嬉しいです!

シーズン6購入者でSparksライドなんてのもやってみたい(笑)

みなさん、ぜひぜひPGLのシーズン6をよろしくお願いいたします。